ピルを使用する上での注意

男性と女性が性交をすると、男性の精子と女性の卵子が受精して妊娠をしてしまうことがあります。結婚をしていたり、パートナーとの将来を考えているカップルであれば、喜んでその状況を受け入れることができるでしょう。しかし、そういった状況になると困る人たちでは戸惑ってしまうことでしょう。
妊娠をしたら困るという状況である人たちでは、避妊をする必要があるでしょう。避妊の方法は数多く、日本で最もポピュラーなコンドームのほかにも、IUDやペッサリー、フィルムなどがあります。また、避妊の成功率の高い経口避妊薬としてピルがあります。
初めから避妊を目的として準備をしていくのが低用量ピルになります。こちらは、28日を1周期として考え、生理の初日、または生理のあとの初めの日曜から服用するようにします。女性ホルモンが入っている錠剤になるので、女性の体内での働きをコントロールすることができるのです。
そのホルモンの働きによって、卵巣は眠っている状態になるために排卵が起きなくなるのです。排卵がなければ、受精することもないのです。
この服用で気をつけることとしては、毎日飲むことを習慣づけることです。なるべく同じ時間帯に飲むように心がけ、飲み忘れがないようにしていきます。もしも飲むのを忘れてしまったら、48時間内であれば、大丈夫です。しかし、48時間以上空いてしまったら、諦めてピルによる避妊を中断するようにします。
また、低用量ピルを服用し始めると、副作用が出ることもあります。体が妊娠している状態と勘違いしているので、つわりに似た気持ち悪さが出たり、血栓症のようなむくみが出ることも有るのです。体が慣れてくれば、徐々にそういった症状もなくなってくるものですが、あまりにも酷い副作用が出るようであれば、医師の診断を受けるようにしたほうがいいでしょう。
最近は、性交渉により妊娠したかもしれないという時に服用する緊急避妊薬であるアフターピルも知られるようになっています。こちらは性交渉から72時間以内に服用することによって、妊娠を防ぐことができるというものです。
低用量にしても緊急用の中用量にしても、産婦人科などを受診して出してもらうか、海外からの個人輸入に限り、入手できるようになっているので、仕組みを知っておくといいでしょう。
妊娠をしたら困るという人では、こういった注意点を知った上で使用するようにして妊娠を防ぐようにしましょう。

■ピル購入ならこのサイトがオススメ
薬 ネット販売

ページトップへ