ピル購入の際は種類と服用方法を間違えないように注意!

効果的な避妊方法の一つとして、欧米を中心に世界で多く用いられているピル。ピルは女性にとって沢山のメリットがあります。例えば、避妊、月経困難症の改善、生理不順の改善、コンディショニング法などが挙げられますが、大切なのは、ピル購入時に、種類をきちんと確かめることと、服用方法及び期間を間違えないことです。ピルに馴れている人は、きちんと管理していると思いますが、初めて使う人は、種類や使い方について少し戸惑うかもしれません。加えて、周囲に服用している人が誰もいない…という場合は、なかなか把握しにくいでしょう。一般的に、ピルは、低用量、中用量、高用量の3種類があります。生理周期のコントロールや避妊では、通常低用量のものを使用します。この用量というのは、主成分である黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合を示しています。多ければ多いほど、副作用が大きくなり、中用量や高用量は、治療などに使われることが殆どです。購入の際に、用量を間違えないようにしましょう。特に、海外から輸入したものは、日本での基準と異なっている場合もあります。購入時、販売先に詳細をしっかり確認することが大切です。また、低用量は、21錠タイプと28錠タイプの2つが基本です。ピルは、1日でも飲み忘れてしまうと、効果が激減するというデメリットがあります。その為、決まった期間、継続して飲み続けなければならないのですが、28錠タイプは、飲み忘れを防ぐ為に、7錠の偽薬が入っています。シートの順番に従って1錠ずつ服用し、くれぐれも間違えたり、飛ばしたりしないように管理しておきましょう。毎日、ピルを服用する時間を決めて、習慣にすると良いかもしれませんね。

ページトップへ