女性ホルモンの入った錠剤であるピルの飲み忘れ注意

この世の中に男性と女性が存在している限りでは、性交渉をするという機会も数多くあるものです。子孫繁栄のためや快楽のためなど、いろいろな理由がありますが、結婚をしている人たちでは待望という状態であっても、そうでないと妊娠してしまったら困惑してしまうということもあります。ですから、お互いを思いやりながら、避妊をしていく必要があるのです。
避妊方法としても多様化しているのが現状ですが、男性が使用するコンドームよりも安定して高い避妊率である低用量ピルが日本でも知られつつあります。低用量ピルというのは、女性ホルモンが配合されている錠剤であり、それを飲むことで生理周期などを整えることができます。そして排卵を抑えることができるので、精子と卵子が出会うことがない、つまり妊娠をしないというわけなのです。
しかし、ピルを飲むにあたっては条件があります。それは毎日きちんと飲み続けること、それが正しい服用であるのです。できれば、毎日同じ時間帯などに飲むようにして飲み忘れがないようにしたいものです。仮に飲み忘れという事態になっても、前の服用から48時間以上になっていなければ、すぐに飲むことで効果が継続するのです。それ以上の時間が経っていれば、ほかの方法に替えるようにします。
しかし、ピルという錠剤は、飲み忘れもなく、毎日きちんと服用することで、ほぼ完ぺきに近く成功する避妊方法なので、女性側にとってはメリットがかなりあります。また、錠剤を飲むだけという手軽さもあり、今後さらに服用する人が増えていくことでしょう。これは海外の国では一般的な避妊方法であり、日本も今後近づいていくことでしょう。自分の身は自分で守れるという女性にとっては最適なものなのです。

ページトップへ